池秀之院長
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
病院紹介英語文
交通のご案内
お問い合わせ先
面会制限
コロナウイルス感染症についてのお願い
当院の新型コロナウイルス感染対策
看護部
健康管理センター
訪問看護ステーション
個人情報保護方針
地域医療機能推進機構(JCHO)のご紹介

看護部長あいさつ

  • 看護部について
  • メッセージ
  • 教育・研修制度
  • 採用情報
吉浪看護部長 

横浜保土ケ谷中央病院看護部のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

超高齢社会において地域完結型の医療が求められる中、当院では、地域で生活する患者さんや家族を支援するため、患者サポートセンターを中心に、併設の訪問看護ステーションと連携をとり、外来・病棟・地域を結ぶ切れ目のない医療を提供しています。
そして、看護部は看護の専門性を発揮し、常に患者さんとそのご家族に寄り添い、信頼される看護が提供できるよう取り組んでおります。

少し例を挙げると、看護が中心となり結成したOrangeの会は11年目となり、院内外の多職種が参加し、ケースカンファレンスや意思決定を支援する積極的な取組を行っています。また、そこから発展し、QOL委員会が立ち上がり、緩和ケア・高齢者・認知症をテーマにした「人を考えるナース会」や、食べる喜びをあきらめないための「食べるをサポートするナース会」などの活動を行っています。さらに、地域包括ケア病棟においては3名の認知症ケア専門士がおり、外来においては糖尿病の療養指導やストーマ外来といった看護外来もあり、地域住民の療養生活を支援しています。
今後も、専門職として自律し、人間性豊かに成長できるよう、キャリアアップを支援する体制を整え、地域包括ケアの要となる人材育成に力を入れていきます。

触発される親しい仲間がいて、やりがいのある仕事があり、精神的にも物質的にも報われる、楽しくて魅力的な職場を創っていけるよう努力してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

令和2年4月
看護部長 吉浪典子


PageTop