池秀之院長
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
病院紹介英語文
交通のご案内
お問い合わせ先
面会制限
コロナウイルス感染症についてのお願い
看護部
健康管理センター
訪問看護ステーション
個人情報保護方針
地域医療機能推進機構(JCHO)のご紹介

院内教育制度

  • 看護部について
  • メッセージ
  • 教育・研修制度
  • 採用情報

2019年度新人ナース集合

2019年度新入職ナース集合!

新元号の年 今年も新人ナースが仲間になりました。
笑顔で一緒にがんばろうね!


新人看護師に関する人材育成について

新人看護職員育成の考え方

「新人看護職員研修ガイドライン」に基づき、看護基礎教育の動向や教育機関のカリキュラム等を踏まえて「新人育成に関する基本的な考え方」を明確にして体制を構築しています。その中で特に個々の学ぶ姿勢や個性を尊重し「皆で育てる」という職場風土の醸成を図りながら行うことが重要であると考えています。ひとり一人の成長を支援するためには、「何ができないのか」よりも「何ができたか」に焦点をあて、モチベーションが維持・向上するような関わりを大切にしています。


支援体制の実際

当院では「サポートナースシステム」により、新人の支援体制を整えています。
看護経験4年目以上、かつ臨床実践能力Ⅲ以上の看護師がサポートナースとして任命され、新人一人ひとりに実務的な指導および精神的支援を行います。そして、看護部のモットーである「皆で育てる」を実践するために、サポートナースだけでなく師長はじめスタッフ全員が新人育成の支援において役割を持ち、定期的に評価を行いながら、お互いが成長できる体制で取り組んでいます。


サポートナースシステムの概念図

サポートナースシステム概念図


新採用者対象研修

入職時研修(2019年度)
開催日 内容
1日目 病院概要
看護部概要
JCHO就業規則関連など
JCHO個人情報保護法など
情報システム関連
職員の安全衛生(メンタルヘルス・パワハラ・セクハラなど)
各部署紹介・挨拶
2日目 医療安全 講義
医療安全 演習
外来受診の仕方・外来看護師の役割
医療・看護倫理 倫理規定
高齢者看護・認知症ケア
感染防止の基礎知識(講義)
感染防止対策の実際(演習)
3日目 看護部概要
看護協会・賠償責任制度入会の説明
院外研修受講の説明
重症度・医療・看護必要度と看護記録
他部門の役割と連携(放射線技師・臨床検査技師・栄養管理士・栄養管理システム・薬剤師・臨床工学士・理学療法士)
ボディメカニクス
4日目 電子カルテ・ITについて
看護手順・ナーシングスキルの使い方
HCU看護師の役割と他部署の連携について
地域包括ケア病棟の機能と役割
高齢者のケアに必要な知識・技術 摂食嚥下療法について
健康管理科看護師の役割と連携
褥瘡ケア
看護部Education
人材育成・教育計画・クリニカルラダー・キャリアラダー
コミュニケーションスキル
5日目 これからの看護に向けて(研修 がんばれ新人ナース)
『めざす看護師像を発表』
先輩ナースからのエール
チームビルディング(ペーパータワー)研修
院内スタンプラリー
新採用者対象研修
開催月 内容
4月 入職時研修
Let's記録研修 当院の看護記録記載基準を知ろう!
5月 呼吸管理Ⅰ「酸素療法」
6月 輸液
輸液ポンプ・シリンジポンプ
PNSマインド
7月 ストレスマネージメント
静脈注射講義
8月 静脈注射筆記試験
9月 コミュニケーション《報告・連絡・相談》
静脈注射実技試験
10月 フォローアップ研修①
呼吸管理Ⅱ
ローテーション研修
11月 看護倫理Ⅰ
2月 フォローアップ研修②

現任教育研修

卒後2・3年目対象者研修
開催月 内容
5月 慢性疾患患者の看護《糖尿病疾患患者のとらえ方》
7月 看護過程①(全3回)
リーダーシップⅠ①(全2回)
9月 看護過程②(全3回)
リーダーシップⅠ②(全2回)
10月 コミュニケーション
BLS・急変時の対応
11月 看護倫理Ⅰ
看護過程③(全3回)
12月 ナラティブ研修①(全2回)導入講義
2月 ナラティブ研修②(全2回)発表
現任教育対象者研修
開催月 内容 対象ラダー
6月 サポートナース研修2回目(全3回) 前年度本年度サポートナース研修参加者
7月 倫理Ⅱ研修1回目(全2回) Ⅲ・Ⅳ
8月 倫理Ⅱ研修2回目(全2回) 倫理Ⅱ研修1回目修了者
9月 サポートナース研修3回目
救急看護Ⅰ研修
サポートナース研修 2回目修了者
10月 リーダーシップⅡ研修1回目(全2回)
11月 救急看護Ⅱ研修
12月 リーダーシップⅡ研修2回目(全2回)
1月 次年度サポートナース研修 Ⅱ以上(3年目)
年6回程度 助手研修 看護助手


PageTop