池秀之院長
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
看護部
健康管理センター
訪問看護ステーション
個人情報保護方針
地域医療機能推進機構(JCHO)のご紹介

教育・研修制度について

  • 看護部について
  • メッセージ
  • 教育・研修制度
  • 採用情報

教育・研修方針

病院・看護部の理念、方針に基づいて、様々な状況に対応できる臨床実践能力を身につけ、感性を磨き、人間性豊かな看護師を育成します。


継続教育の位置づけ

keizokukyouiku2



キャリア開発プログラム

キャリア開発プログラムキャリア開発とは、「専門的技能を身につけ、実践に役立てる、実用化するということ」であり、看護でいえば、「臨床実践能力を向上させるということ」である。すなわち「個々の看護師が組織の目標を踏まえ、各自の能力やライフサイクルに応じて、組織の支援を受けながら臨床実践能力の向上に、自分で取り組むこと」です。

キャリア開発プログラムは「看護職者として求められている専門的技能・臨床実践能力の目標を明らかにし、段階的な指標を作成することにより、個人の自己成長のための目標を明確化し、上司の評価・指導に役立てるプログラム」であり、各看護職員が自己のキャリア・プランを支援することができるよう段階別目標を設定しています。

CDPの4つの構成要素

CDP


看護サービスの実践能力
患者の状態に応じた適切な看護サービスを提供するために、豊富な知識と正確な技術等を統合し実践する能力
マネジメント能力
適切な看護サービスを提供するために、看護師に求められている役割や責務を果たす能力
人間関係能力
患者およびその家族との信頼関係を確立するために、コミュニケーション技術を高めるなど人間関係を築きあげる能力。医療チームと協働しながら連携を図るための能力
教育研究能力
看護の質を確保するために、看護学生や看護師を育成する能力、および患者のニーズや医療の内容等の変化に対応していくために研究に取り組む能力

段階別目標について

段階別目標


PageTop