後藤英司院長
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
感染対策
看護部
健康管理センター
訪問看護ステーション
個人情報保護方針

看護部について

  • 看護部について
  • メッセージ
  • 教育・研修制度
  • 採用情報

温もりのある心を育み、病む人の傍らに添い共に歩みます

私たちは、院内学習会、地域連携学習会、カンファレンス、院内合同症例検討会等に積極的に取り組んで専門知識を学んでいます。また専門技術を学び、日々の看護の工夫(臨床看護研究への取り組み)、新採用者サポート体制の充実等、継続して自己啓発に努めています。

感情豊かな人間性を高め、看護師自身の自己実現を目標に、一人一人を大切にする看護を実施しています。

newfacナース


看護部の理念

温もりのある心を育み、病む人の傍らに添い共に歩みます


看護部の方針

―地域完結型医療をめざしAging in Placeを実現していく!―
  • 1.安心の地域医療を支えるJCHO病院看護の活動を地域に発信します
  • 2.患者さんの人権とQOLを尊重し、患者さん中心の看護を行います
  • 3.職員ひとり一人が自己の臨床実践能力を高め、質の高い看護サービスを提供します

30年度看護部目標

1.看護の専門性を高め、チーム医療のキーパーソンとなる看護師育成を促進する。
(1)看護専門職者としての看護師の責務、役割、責任を再確認する。
(2)高齢者を理解し、多側面におけるアセスメントを向上させる。
(3)JCHOクリニカルラダーの活用と承認の仕組みをつくる。
2.地域とともに連携の仕組みづくりを推進し、生活の視点を持った看護師育成を図る。
(1)多職種による退院前カンファレンスにおける看護師役割を明確化する。
(2)退院前後訪問を退院計画とともに立案し、退院調整を実践する仕組みをつくる。
3.看護の機能が発揮できる環境を整える。
(1)認知症ケア力の向上を図り、高齢者に優しい環境づくりを進める。
(2)お互いの価値観を共有し、看護におけるナラティブの場が定着する。
4.円滑な病床管理と看護実践に基づいた経営参画を参画する。
5.補助者導入を含めた看護体制を再構築し、チーム医療の充実を図る。
6.看護必要度が27%以上となるように病棟全体で取り組む。
 

PageTop