池秀之院長
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
病院紹介英語文
交通のご案内
お問い合わせ先
面会制限
コロナウイルス感染症についてのお願い
当院の新型コロナウイルス感染対策
看護部
健康管理センター
訪問看護ステーション
個人情報保護方針
地域医療機能推進機構(JCHO)のご紹介

看護部について

  • 看護部について
  • メッセージ
  • 教育・研修制度
  • 採用情報

温もりのある心を育み、病む人の傍らに添い共に歩みます

私たちは、院内学習会、地域連携学習会、カンファレンス、院内合同症例検討会等に積極的に取り組んで専門知識を学んでいます。また専門技術を学び、日々の看護の工夫(臨床看護研究への取り組み)、新採用者サポート体制の充実等、継続して自己啓発に努めています。

感情豊かな人間性を高め、看護師自身の自己実現を目標に、一人一人を大切にする看護を実施しています。

newfacナース


看護部の理念

温もりのある心を育み、病む人の傍らに添い共に歩みます


看護部の方針

―地域完結型医療をめざしAging in Placeを実現していく!―
  • 1.安心の地域医療を支えるJCHO病院看護の活動を地域に発信します
  • 2.患者さんの人権とQOLを尊重し、患者さん中心の看護を行います
  • 3.職員ひとり一人が自己の臨床実践能力を高め、質の高い看護サービスを提供します

令和2年度看護部目標


  1. 豊かな人間性を持つ、チーム医療のキーパーソンとなる看護師として成長する
    1. チーム医療における自己の役割を理解し、チームスタッフ(部署内外、院内外)と協働し成果をあげる。
    2. 横浜保土ケ谷中央病院キャリアラダーの導入と各部署において、看護提供体制(PNS)の再構築の仕組みをつくる。
    3. 身だしなみを整え、適切な接遇・マナーで対応し、患者・家族・医療スタッフから信頼を得る。
  2. 働きやすくやりがいのある職場環境を整える
    1. 感染対策を強化し、安心・安全な医療が提供できる。
    2. 生活者の視点をもって患者・利用者に優しい療養環境をつくる。
      (抑制実施率・褥瘡発生率の低減や離床の促進、認知症対応力の向上等)
    3. 個々の職員を尊重した関わりと支援を行う。(職員満足度の向上)
    4. 働き方改革を意識した業務改善を行う。(休暇取得率の増加、超過勤務の削減、必要な設備・備品の充足等)
  3. 健全な病院経営に参画する
    1. 診療報酬制度を正しく理解し、経済効率を考えて看護実践を行う。
    2. 適切な物品管理、資材の適正使用がされ無駄を省く。
    3. 効果、成果につながる5Sの実践を行う。
PageTop