池秀之院長
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内 1階外来図
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
病院紹介英語文
交通のご案内
お問い合わせ先
面会制限
コロナウイルス感染症についてのお願い
当院の新型コロナウイルス感染対策
看護部
健康管理センター
訪問看護ステーション
個人情報保護方針
地域医療機能推進機構(JCHO)のご紹介

令和2年度 横浜保土ケ谷中央病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 40 112 115 214 335 492 971 1106 408


定義
  • 令和2年年4月1日から令和3年3月31日までに退院された患者様が対象となります。
  • 年齢については、退院日時点の年齢としています。
  • 歯科口腔外科治療のために入院された患者様は対象となりません。
  • 健康保険を使用した患者様のみが対象となります(労災・自賠責・自費等で入院した患者様は含まれません)。
解説
  • 横浜西部地区の中核病院として幅広い年齢層の患者様を診療しております。
  • 退院患者様のうち70歳以上が全体の約6割を占め地域社会の高齢化を反映しています。
  • 年齢別にみると70代から加齢による白内障、虚血性心疾患が多くなり、80代から心不全・肺炎・頚部骨折が多くなっております。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科





DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 164 2.384 0.61 70.335
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 101 21.337 2.97 84.812
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2:なし 86 32.907 24.419 87.023
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)手術・処置等2:1あり 74 14.770 0 64.878
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1:1あり 手術・処置等2:なし 73 3.534 2.74 73.123

内視鏡治療を積極的に行っていて、症例が多くなっています。
心臓救急も受け入れていて、心不全、狭心症などの循環器疾患も増えています。
糖尿病での入院治療例も一定数います。
外科





DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 61 3.492 4.85 0 70.475
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 26 9.577 7.130 0 61.077
060150xx99xx1x 虫垂炎 手術なし 副傷病:あり 19 8.263 11.37 0 44.368
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 18 6.611 5.450 0 38.333
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 17 9.176 6.370 0 57.647

ソケイヘルニアは、80%が腹腔鏡手術です。2泊3日のクリニカルパスを適用しています。
胆嚢炎は、発症早期より腹腔鏡手術を行う方針です。
急性虫垂炎は、患者様の希望なども参考にして、保存的治療を行うことも多くなっています。症例に応じて、Interval手術を行います。
整形外科





DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 116 42.466 25.940 14.655 83.129
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病:なし 46 5.609 0 53.435
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 31 39.935 23.560 0 77.258
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 26 27.423 7.692 81.654
160780xx97xx0x 手関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病:なし 21 3.333 4.110 0 35.143

大腿骨近位部骨折をはじめ、四肢の骨折・外傷の患者様が多い傾向です。当院は地域包括ケア病棟を併設しています。退院後の生活に自信が持てるまで、ゆっくり入院し、リハビリテーションを行っていいただいています。このため平均在院日数が全国平均より長くなっています。
眼科





DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 重症度:片眼 150 3.0 2.8 0 76.2
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 重症度:片眼 2 4.5 6.0 0 66.5
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし 1 2.0 2.7 0 90.0
白内障手術を中心に行っております。
耳鼻咽喉科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1:あり 19 2.0 2.0 0 51.4
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 10 6.5 5.5 0 30.4
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 5.0
030428xxxxxxxx 突発性難聴 8.9
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 7.8

令和2年度は新型コロナウイルス対策のため、睡眠時無呼吸検査入院が減少しております。(本年度は月・金で再開しております。)
急性咽喉頭炎、扁桃周囲膿瘍など上気道感染症、顔面神経麻痺、突発性難聴の入院加療を行いました。また他疾患に伴う嚥下評価を多数行っております。
泌尿器科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1:なし 副傷病:なし 57 4.9 5.6 0 59.0
11012xxx04xxxx 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 45 2.2 0 56.7
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:あり 39 3.4 0 74.0
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2:なし 30 7.7 0 76.9
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 副傷病:なし 17 7.2 7.4 0 62.0

泌尿器科では、尿路結石治療(レーザー治療や体外衝撃波治療)を中心に前立腺癌、膀胱癌などの検査・治療を行っています。
血液透析科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 17 16.4 0 70.4
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2:1あり 36.0
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし
110280xx9901xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:1あり
050130xx9902xx 心不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:2あり

維持透析導入・透析シャント造設及び閉塞による拡張術等を行っております。
また、自院他院に問わず維持透析患者様の合併症等の治療も行っております。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード





初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 17 15 13 1 第7版
大腸癌 10 17 16 12 15 1 第8版、第7版
乳癌 1 第8版、第7版
肺癌 1 第7版
肝癌 1 第7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

胃癌:早期癌は内視鏡手術(ESD)あるいは、腹腔鏡手術です。進行癌は、開腹手術の方針です。
大腸癌:多くは腹腔鏡手術です。T4bまたはN2症例は、慎重に検討し、場合によっては開腹手術で行っています。
乳癌:病変に応じて、乳房温存術または全摘腋窩郭清はセンチネル生検を行い、陽性なら行っています。
肝癌:開腹手術で系統的切除の方針です。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード





患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 42 25.4 74.9
重症 74 28.6 85.3
超重症 80 26.0 87.2
不明

高齢者の重症の肺炎が多くなっています。これらの例は平均在院日数も長い傾向です。

脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内
その他

当院は脳神経内科外科の常勤医が不在で、連携病院への転院例が多いです。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 161 0.5 1.4 0.621 70.0
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 42 1.7 11.7 4.762 77.4
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 39 5.1 7.7 2.564 72.9
K654 内視鏡的消化管止血術 25 3.5 15.1 8.0 77.6
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 25 3.5 6.0 4.0 73.9

待機的な大腸ポリープの他、胆道ステント留置術、消化管止血術などの緊急処置例も多くなっています。
外科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 55 2.2 7.1 0 62.7
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 49 1.1 1.2 0 69.0
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 19 5.6 24.5 0 71.1
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 15 1.2 6.7 0 67.9
K6335 鼠径ヘルニア手術 13 1.3 2.4 0 77.2

結腸癌は、腹部症状があって受診し、手術となる場合も多く、術前術後の日数が長くなる傾向があります。
整形外科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 71 4.4 33.3 8.451 81.9
K0462 骨折観血的手術(前腕) 57 2.2 11.6 0 53.9
K0811 人工骨頭挿入術(股) 54 6.5 35.3 18.519 82.8
K0821 人工関節置換術(膝) 39 2.0 37.7 2.564 76.0
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 36 1.0 1.1 0 42.5

大腿骨近位部骨折、手関節・手の外科をはじめ、四肢の骨折・外傷の患者様が多く、手術・リハビリテーションを行っています。人工関節手術にも積極的に取り組んでいます。
眼科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 150 1.0 1.0 0 76.2
K279 硝子体切除術

令和2年度はコロナ感染拡大の影響により、白内障手術は減少しています。
令和3年度より白内障日帰り手術枠を増枠しました。不要な入院を減らしていきます。
また、硝子体手術も再開させていただきました。
耳鼻科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K368 扁桃周囲膿瘍切開術

常勤1名体制のため手術は施行しておりません。局所麻酔下では扁桃周囲膿瘍切開排膿術を主に行いました。
泌尿器科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 61 1.4 2.9 0 60.2
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 45 0.2 1.0 0 56.7
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 31 1.8 5.7 0 77.2
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 27 0.3 7.7 0 69.0
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 75.4

経尿道的尿路結石除去術(f-TUL)や体外衝撃波結石破砕術(ESWL)といった腎結石尿管結石に対する治療を多く行っています。
また、それに関連した尿管ステント留置術が多くなっています。
血液透析科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純) 12 12.9 16.3 0 68.6
K610-3 内シャント設置術
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(初回)
K681 胆嚢外瘻造設術
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)

当科が主科として担当する手術は、透析療法に必要となるブラッドアクセス関連の手術に限られます。心機能や表在静脈の状態により内シャント造設・動脈表在化術を選択しており、血栓性のシャント閉塞例については血栓除去術による血流再開を積極的に施しています。



その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード




DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 11 0.290
異なる 12 0.316
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる

医療の質を改善すべき指標として、4つの傷病名を示しました。臨床上ゼロにすることは困難ですが、少しでも改善すべきものとして示しました。
入院契機が同一のものも異なるものも、入院中に基礎となる疾患が重症化したものと考えます。

更新履歴
2021.9.30
令和2年度の病院指標の資料を公開いたしました。
PageTop