池秀之院長
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
病院紹介英語文
交通のご案内
お問い合わせ先
面会制限
コロナウイルス感染症についてのお願い
看護部
健康管理センター
訪問看護ステーション
個人情報保護方針
地域医療機能推進機構(JCHO)のご紹介

令和元年度 JCHO横浜保土ケ谷中央病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 34 172 151 304 508 733 1290 1214 372

定義
  • 平成30年4月1日から平成31年3月31日までに退院された患者様が対象となります。
  • 年齢については、退院日時点の年齢としています。
  • 歯科口腔外科治療のために入院された患者様は対象となりません。
  • 健康保険を使用した患者様のみが対象となります(労災・自賠責・自費等で入院した患者様は含まれません)。
解説
  • 横浜西部地区の中核病院として幅広い年齢層の患者様を診療しております。
  • 退院患者様のうち70歳以上が全体の約6割を占め地域社会の高齢化を反映しています。
  • 年齢別にみると70代から加齢による白内障、虚血性心疾患が多くなり、80代から心不全・肺炎・頚部骨折が多くなっております。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード


内科





DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 :なし 235 2.2 2.67 0 66.3
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2 :なし 定義副傷病 :なし 113 22.9 17.66 6.19% 84.7
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 :1あり 手術・処置等2 :なし 定義副傷病 :なし 98 3.0 3.01 0 72.9
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2: なし 定義副傷病 :なし 80 37.5 20.92 21.25% 83.9
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 :なし 66 6.0 5.42 0 45.6

心臓救急を積極的に受け入れており、狭心症、心不全症例が多くなっています。
消化器内科では内視鏡検査の検査、治療の件数は増えています。




外科





DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 :なし 70 4.9 6.52 0 55.0
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 66 3.5 4.96 0 72.5
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 :なし 手術・処置等2 :なし 定義副傷病 :なし 35 11.9 8.95 0 73.4
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 :なし 手術・処置等2 :なし 定義副傷病 :なし 30 10.6 7.30 0 63.5
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 :なし 手術・処置等2 :なし 定義副傷病 :なし 19 23.4 23.33 0 75.3

最も多いのは、乳房悪性腫瘍手術後の乳房再建となっております。昨年に引き続き他院と連携して治療を行っております。
鼠径ヘルニアも多く治療しており、クリニカルパスを用いて、2泊3泊の治療スケジュールで入院治療を行っています。
胆嚢摘出術は、急性胆嚢炎も早期に手術を行う方針としています。
悪性腫瘍に関しては、平均在院日数は、高齢者・合併症のある患者さんが多く、平均より長い傾向にあります。



整形外科





DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 100 50.5 26.30 7.0 81.7
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 45 28.2 19.61 4.4 75.9
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 22 12.4 5.68 0 64.6
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 17 32.3 24.26 0 73.9
160850xx01xx0x 足関節・足部の骨折・脱臼 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他等 定義副傷病 なし 15 23.1 16.24 0 47.4

大腿骨頚部骨折や脊椎の圧迫骨折の外傷の患者が多く、近隣の診療所や老人施設から急患で紹介された患者が多いです。退院後は施設に入る患者が多くなっています。
膝関節症の手術の患者は、近隣の診療所から紹介いただいた患者がほとんどで、リハビリを行い自宅に退院しています。



眼科





DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 384 3.3 2.84 0 76.1
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 57 7.8 8.00 0 69.3
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 25 8.9 7.05 0 65.8
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 12 8.3 6.16 0 63.3
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 10 8.6 6.55 0 61.0

入院での白内障手術が最も多いですが、硝子体手術も行っており、硝子体手術は1週間前後の入院期間となっております。



耳鼻咽喉科





DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1 あり 203 2.0 2.04 0 54.1
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 23 6.3 5.43 0 33.2
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 10 6.7 7.27 0 34.5
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし - - 9.26 - -
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.10 - -

睡眠時無呼吸検査入院が多数を占めます。急性咽喉頭炎、扁桃周囲膿瘍など上気道感染症、顔面神経麻痺、突発性難聴の入院加療を行いました。また他疾患に伴う嚥下評価を多数行っております。



泌尿器科





DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 76 6.7 5.62 0 60.3
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 65 3.0 2.53 0 69.8
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 41 2.0 2.72 0 56.9
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 39 9.0 7.20 0 76.9
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 定義副傷病 なし 22 1.7 4.29 0 82.0

泌尿器科では、地域のクリニックや病院と連携して、尿路の結石の内視鏡治療や結石破砕術の治療を積極的に行っています。
膀胱・前立腺の内視鏡手術が多くなっています。



血液透析科





DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 14.8 17.66 0 66.2
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 13.4 12.05 0 73.0
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 8.75 - -
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 1あり - - 35.72 - -
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし - - 14.21 - -

維持透析導入・透析シャント造設及び閉塞による拡張術等を行っております。
また、自院他院に問わず維持透析患者様の合併症等の治療も行っております。



初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード





初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 16 - - 27 17 10 1 第7版
大腸癌 23 11 - 12 35 16 1 第7版
乳癌 - - - - - 59 1 第7版
肺癌 - - - - - - 1 第7版
肝癌 - - - - - - 1 第7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

原則として、胃癌について早期癌は内視鏡・腹腔鏡手術、進行癌は開腹手術、腸癌のリンパ節転移陽性例は開腹手術、陰性例は腹腔鏡手術の方針で治療を行っています。病期に応じて、術後は抗がん剤治療と併用します。根治性を優先し、合併症の少ない治療を心がけています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード





患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 11 9.81 50.8
中等症 90 21.77 80.3
重症 52 32.78 85.4
超重症 31 34.41 88.3
不明 0 0 0

中等症の肺炎が多いです。重症者は平均年齢が高い傾向にあり、在院日数も長期でした。

脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 12 45.08 83.33 78.58
その他 - - - -

当院は神経外科の常勤医師が不在のため転院になる例が多いです。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード


内科





Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 259 0.1 1.0 0 67.0
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 56 5.5 9.3 0 73.4
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 32 1.8 13.3 3.1 76.0
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 30 1.3 5.0 0 70.4
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 16 2.5 12.8 6.3 81.7

近隣クリニック・診療所からの紹介が多いです。また、救急患者も多いです。
内視鏡・心臓カテーテル検査を経て、手術に至るケースが多く見られます。



外科





Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 60 2.3 7.9 0 65.1
K476-2 再建乳房乳頭形成術 55 1.0 3.0 0 54.9
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 38 1.0 1.2 0 70.5
K6335 鼠径ヘルニア手術 27 1.4 1.5 0 74.6
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 18 0.5 4.9 0 34.7

最も多い手術は腹腔鏡下胆嚢摘出術で、急性胆のう炎も早期に腹腔鏡手術を行う方針です。
次に乳房再建(乳癌術後)手術を多く行っています。
鼠径ヘルニアは、腹腔鏡手術をメインに行っています。



整形外科





Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕) 66 4.8 41.7 3.0 78.5
K0811 人口骨頭挿入術(股) 46 6.0 41.9 10.9 81.4
K0462 骨折観血的手術(前腕) 40 2.9 24.9 0 61.4
K0821 人口関節置換術(膝) 27 2.4 33.7 0 75.6
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 22 1.1 2.6 0 47.8

大腿骨頚部骨折の手術がもっとも多い手術です。高齢者の大腿骨頚部骨折は機能予後、生命予後を保つため手術治療が選択されます。
最近は、上肢の骨折も手術が行われる傾向があり、当院での手術も増えています。



眼科





Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 361 1.0 1.0 0 76.5
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 47 1.0 7.1 0 62.8
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 44 1.0 5.6 0 68.8
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 23 1.0 5.9 0 68.0
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(縫着レンズ挿入) - - - - -

病診連携ができており、紹介から受診が全ての症例で多くなっております。手術症例は白内障・硝子体手術・緑内障手術の症例が多くなっております。



耳鼻科





Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 10 0.5 5.2 0 34.5
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択式(複数洞)副鼻腔手術 - - - - -
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - -
K3892 声帯ポリープ切除術(直達喉頭鏡) - - - - -
K453 顎下腺腫瘍摘出術 - - - - -

耳鼻科咽喉科良性疾患に対する手術を行いました。全身麻酔下での口蓋扁桃摘出術や内視鏡下副鼻腔手術、喉頭微細手術、顎下腺腫瘍摘出術など行いました。局所麻酔下では扁桃周囲膿瘍切開排膿術を主に行いました。H31年度よりは常勤1名体制のため手術は施行しておりません。



泌尿器科





Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 74 1.9 3.6 0 60.1
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術) 43 1.7 6.3 0 77.3
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 42 0 1.0 0 56.7
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 42 0.2 3.5 0 74.9
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 16 2.3 7.4 0 74.3

尿管結石の手術治療及び、結石や腫瘍に関連する尿管の通路障害に対し、尿管ステントを留置する件数が多いのが特徴です。



血液透析科





Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 10 3.0 17.1 10 69.0
K0811 人口骨頭挿入術(股) - - -
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) - - -
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - -
K691-2 経皮的肝膿瘍ドレナージ術 - - -

当科が主科として担当する手術は、透析療法に必要となるブラッドアクセス関連の手術に限られます。心機能や表在静脈の状態により内シャント造設・動脈表在化術を選択しており、血栓性のシャント閉塞例については血栓除去術による血流再開を積極的に施しています。
また、維持透析患者の整形外科的手術は、全身管理目的で血液透析科が主科担当する場合があります。



その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード




DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 12 0.25%
異なる 15 0.31%
180010 敗血症 同一 24 0.50%
異なる 17 0.36%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -

医療の質を改善すべき指標として、4つの傷病名を示しました。臨床上ゼロにすることは困難ですが、少しでも改善すべきものとして示しました。入院契機が同一のものも異なるものも、入院中に基礎となる疾患が重症化したものと考えます。

更新履歴
2019年9月25日
令和元年度の病院指標の資料を公開いたしました。


 
PageTop