後藤英司院長
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
感染対策
看護部
健康管理センター
訪問看護ステーション
個人情報保護方針

院内感染対策の指針

横浜保土ケ谷中央病院における感染対策について、次のとおり基本的な指針を定めます。

1.院内感染対策に関する基本的考え方

『個人の持つ原疾患とは別に、内因性・外因性の如何を問わず入院後48時間以降に発症した感染症』を院内感染症と定義付け、院内感染を防止するとともに、万一院内感染が発生した際には、迅速な原因の特定および制圧により、早期終息を計図ることが必要です。このため、院内感染防止対策を全職員が把握し、この指針に則った医療を患者さんに提供できるように取り組みます。


2.院内感染対策のための委員会、組織に関する基本的事項

(1)感染対策委員会 ( infection control committee : Icc)
感染対策の病院全体に関わる方針を決定する委員会であり、病院全体の問題としての、感染源等の把握、環境の調整、適切な薬剤使用に伴う感染予防の徹底等々、院内感染対策に関する最終決定を行います。本委員会は、原則毎月1回開催し重大な問題、検討が必要な事項が発生した場合は、適宜開催し検討します。院長、看護部長、事務部長および医務職、看護職、薬剤師、医療技術職、事務職より指名を受けた担当者で構成されています。

(2)院内感染対策小委員会 ( infection control team : ICT )感染対策
院内感染対策の実務を担当し、院内感染に関する監視を行い、巡回等により情報を収集し、アウトブレイクの予防・特定・制圧のため中心的に活動して、指導・啓発する役割を担う。本委員会は、原則的に週1回開催し、その他適宜開催します。医務職、看護職、薬剤師、検査技師、一般技術職、事務職より指名を受けた担当者で構成されています。

(3)感染リンク部会
院内感染対策小委員会 ( ICT ) の下部組織として各部署に配置し、院内感染サーベイランスの実施に伴う調査票の提出や委員会等での決定事項を周知徹底させるとともに、現場での指導・教育にあたり、各部署から選出された担当者で構成されています。


3.院内感染対策のための委員会、組織に関する基本的事項

院内感染対策のための基本的考え方および具体的方策について、個々の職員の院内感染に対する意識を高め、業務を遂行する上での技能やチームの一員としての意識の向上等を図る目的として、年2回の講演もしくは講習会を院内で開催するとともに、外部の研修会等へ積極的に参加することを推奨しています。尚、この研修は、職種、正職員、臨時職員などを問わず、職種横断的な参加の下に行います。


4.感染症の発生状況の報告に関する基本方針

法令に定められた感染症の届出および院内の菌分離状況のサーベイランスを行い、必要に応じて院長への報告、ICT での検討およびフィードバックを関係部署に行い、職員の注意喚起を図っています。


5.院内感染発生時の対応に関する基本方針

感染症患者さんが発生した場合は、医師または看護師が ICC もしくは ICTに速やかに報告する。また、緊急を要する感染症の発生時は、ただちに ICC・ICT への報告を行い、ICC・ICT においては、緊急対策を講ずるとともに対応方針および再発防止を検討していきます。


6.患者等に対する当該指針の閲覧に関する基本方針

患者さんやその家族との信頼関係や感染対策の理解と協力を得るため、積極的に情報開示を行い、本指針の閲覧の推進に努めます。また、閲覧の希望がある場合は診療録開示の手続きを行います。


7.その他の院内感染対策の推進のために必要な基本方針

院内感染対策推進のため『 院内感染対策マニュアル 』を作成し、当職員への周知徹底を図るとともに、1年に1度定期的に見直し・改訂を行います。また、1週間ごとに各病棟における特定菌検出状況を集約し『感染情報レポート』を作成しICTで報告を行い、検出状況で早急な感染防止策を講じる必要がある場合には、検査室より担当医および当該部署責任者に報告し、必要な感染防止策を講じるようにしています。

病院長

PageTop