後藤英司院長
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
面会制限
看護部
健康管理センター
訪問看護ステーション
個人情報保護方針

病院長挨拶

都市型地域医療モデルの構築をめざして

gto_intyo_new当院は、昨年4月1日に独立行政法人「地域医療機能推進機構」が運営する「横浜保土ケ谷中央病院」として再出発しました。前身の横浜船員保険病院は、昭和30年以来、長きにわたり保土ケ谷を中心とした横浜の地域医療を担ってきました。今後は、これまでと同様に安全かつ質の高い医療を提供し、さらに、機構の理念に沿って地域包括ケアシスシテムの充実を図りたいと考えております。

地域医療機能推進機構(尾身茂理事長)は、英語名称のJapan Community Health care Organization (JCHO)から”ジェイコー"と呼ばれます。全国57の病院や介護老人保健施設からなるネットワークで、地域医療・地域包括ケアの要として、超高齢社会における地域住民の多様なニーズに応え、その生活を支えることを使命としています。

「横浜保土ケ谷中央病院」は、JCHOの病院として横浜で急速に進む高齢化に対応するため、大都市の医療の問題点を把握してこの解決に取り組みます。さらに、これまで以上に地域と密に連携して都市型地域医療モデルの構築をめざします。

地域にお住まいの皆様や医療や介護を担う方々の声に十分に耳を傾けて新たな取り組みを進めていきたいと考えております。どうかよろしくお願いいたします。

平成27年4月
独立行政法人 地域医療機能推進機構
横浜保土ケ谷中央病院
院長 後藤英司

 
PageTop