後藤英司院長
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
看護部
健康管理センター
訪問看護ステーション
個人情報保護方針

病院紹介

 
 沿革 理念・基本方針 施設と設備のご案内 敷地内全面禁煙
 

病院概要


病院名 横浜保土ケ谷中央病院
所在地 〒240-8585 横浜市保土ヶ谷区釜台町43番1号
電話 045-331-1251(代)
FAX 045-331-0864
院長 後藤 英司
開設日 昭和30年3月1日
敷地面積 23,929.26㎡
診療科目 内科(循環器、消化器、呼吸器、腎臓、糖尿病、リウマチ、膠原病)、外科(一般、消化器)、整形外科、皮膚科、眼科、泌尿器科、 耳鼻咽喉科、小児科、精神科、神経内科、歯科口腔外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、人工透析(22床)、健康管理科(人間ドック等)
許可病床数 一般241床
基本診療科の施設基準 一般病棟入院基本料 10:1
急性期看護補助体制加算(25対1(看護補助者5割未満))
入退院支援加算1
急性期一般入院料4
栄養サポートチーム加算
患者サポート体制充実加算
医療安全対策加算(1)
医療安全対策地域連携加算
感染防止対策加算(2)
診療録管理体制加算2
ハイケアユニット入院医療管理料1
地域包括ケア病棟入院料2
認知症ケア加算2
臨床研修病院入院診療科(協力型)
地域歯科診療支援病院歯科初診料
歯科外来診療環境体制加算2
歯科診療特別対応連携加算
総合評価加算
後発医薬品使用体制加算2
データ提出加算2(200床以上の病院)
地域歯科診療支援病院入院加算
短期滞在手術等1
特掲診療科の施設基準 歯科治療総合医療管理料
高度難聴指導管理料
糖尿病合併症管理料
がん性疼痛緩和指導管理料
がん患者指導管理料イ
がん患者指導管理料ロ
糖尿病透析予防指導管理料
院内トリアージ実施料
夜間休日救急搬送医学管理料
救急搬送看護体制加算
ニコチン依存症管理料
がん治療連携指導料
肝炎インターフェロン治療管理料
薬剤管理指導料
医療機器安全管理料1
持続血糖測定器加算及び皮下連続式グルコース測定
検体検査管理加算(Ⅰ)、検体検査管理加算(Ⅳ)
センチネルリンパ節生検(単独法)
画像診断管理加算1
CT撮影及びMRI撮影(16列以上64列未満のマルチスライス型のCT)
冠動脈CT撮影加算
大腸CT撮影加算
1.5テスラ以上3テスラ未満のMRI
心臓MRI撮影加算
抗悪性腫瘍剤処方管理加算
外来化学療法加算(1)
無菌製剤処理料
心大血管疾患リハビリテーション料(1)
脳血管疾患等リハビリテーション料(2)
運動器リハビリテーション料(1)
呼吸器リハビリテーション料(2)
歯科口腔外科リハビリテーション料2
エタノールの局所注入(甲状腺に対するもの)
エタノールの局所注入(副甲状腺に対するもの)
人工腎臓(慢性維持透析を行った場合1)
透析室水質確保加算及び慢性維持透析濾過加算
導入期加算2及び腎代替療法実績加算
下肢末梢動脈疾患指導管理加算
CAD/CAM冠
緑内障手術(緑内障治療用インプラント挿入術(プレートのあるもの))
緑内障手術(水晶体再建術併用眼内ドレーン挿入術)
乳がんセンチネルリンパ節加算2
経皮的冠動脈形成術
経皮的冠動脈ステント留置術
ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
体外衝撃派腎・尿管結石破砕術
膀胱水圧拡張術
人工尿道括約筋植込・置換術
医科点数表第2章第10部手術の通則5及び6(歯科点数表第2章第9部の通則4を含む)
胃瘻造設術
輸血管理料(Ⅱ)
輸血適正使用加算
人工肛門・人口膀胱造設術前処置加算
胃瘻造設時嚥下機能評価加算
麻酔管理料(1)
クラウンブリッジ維持管理料
付帯施設 訪問看護ステーション
無線医療センター(洋上の船内で傷病が発生したとき、無線により医療助言を行う)
人工透析
人間ドック
救急指定 救急告示病院(横浜市二次救急輪番病院)
学会等認定 日本整形外科学会認定医研修施設、日本外科学会認定専門医制度修練施設、日本内科学会認定医教育関連施設、日本眼科学会認定専門医制度研修施設、日本麻酔科学会認定麻酔科認定病院、日本口腔外科学会認定研修機 関、日本歯科麻酔学会認定医研修施設、日本透析医学会認定教育関連施設、日本消化器病学会認定専門医制度施設、厚生労働省認定臨床研修協力施設、日本消化器内視鏡学会認定指導施設、日本循環器学会認定専門医研修施設、日本高血圧学会専門医認定施設、厚生労働省指定臨床修練(消化器疾患)指定病院、日本消化器外科学会認定専門医修練施設、日本栄養士会栄養サポート担当者研修認定教育施設、日本泌尿器科学会専門医教育施設、日本有病者歯科医療学会研修施設、日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設、難病指定医療機関、日本腎臓学会研修施設
PageTop