後藤英司院長
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
面会制限
看護部
健康管理センター
訪問看護ステーション
個人情報保護方針

内科(糖尿病内科)

内科(糖尿病内科)紹介

  1. 当科の入院方法当科の入院患者数
    1. 血糖コントロール入院(症例により10日~2週間前後)
    2. 教育パス入院(予約入院:金曜~翌々週金曜の2週間で固定):糖尿病チームが主導して合併症のチェック、栄養指導、ジムの運動療法、内服薬やインスリンの導入・調整を進め、血糖コントロール改善を目指します。
    3. 短期体験入院(3連休や年末年始など休日を利用):食事療法を学び、血糖変動チェックを行って現状を把握します。(注:入院中にコントロール改善や治療法決定を目指すものではありません。)
  2. 毎月2回(開催は午後)糖尿病教室を行っています(事前申し込みは不要)。糖尿病チーム(医師、栄養士、臨床検査技師、理学療法士、薬剤師、歯科衛生士等)が担当し、糖尿病についてやや踏み込んだ内容の講義を行います。
  3. 自己血糖測定(SMBG)や持続血糖モニタリング(CGM:2週間の数分毎の血糖を自動で測定)を用いたインスリンや経口血糖降下薬の調整も行っています。
  4. 高度肥満(BMI>35が目安)の方の肥満外来、減量目的の入院も行っています。
  5. 合併症のチェックとして眼底検査、負荷心電図、心エコーなどの循環器検査、ABIやMRAなどの末梢血管の検査、腹部エコーなど併存疾患(特に膵癌などの悪性腫瘍)のスクリーニングが可能です。CTによる内臓脂肪面積の測定も可能です。
    CGMによる一日血糖の流れ CGMによる一日血糖の流れ インスリンポンプ療法とはインスリンポンプのしくみとインスリン注射療法との比較インスリンポンプ療法のインスリン効果イメージ
  6. 合併症のチェックとして眼底検査、負荷心電図・心エコーなどの循環器検査、ABIやMRAなど末梢血管の検査、腹部エコーなど併存疾患(特に膵癌などの悪性腫瘍)のスクリーニングが可能です。CTによる内臓脂肪面積の測定も可能です。
  7. 高度肥満(BMI≧35が目安)の方の減量目的の入院も行っています。
    肥満症の治療
  8. 高コレステロール(家族性高コレステロール血症を含む)、高中性脂肪などの脂質異常症の治療に難渋されている方の治療も受け付けています。
  9. 糖尿病外来の枠が限られていることもあり、重篤な合併症などの事情がなければ逆紹介を原則としております。
  10. 当院の糖尿病チームのご紹介
    個々の患者さんの病態・生活背景をチームスタッフがきめ細かく分析し、患者さんと向き合いながら良い治療・指導を見つけていきます。
    糖尿病チーム医療 dm-team

診療スタッフ

職名 氏名 特に専門としている領域 認定医等
統括診療部長 岡本 芳久 糖尿病
内分泌疾患
動脈硬化、脂質異常症
肥満症(メタボリックシンドローム)
日本内科学会認定医
日本動脈硬化学会動脈硬化専門医、指導医、評議員
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医、指導医、評議員
日本医師会認定産業医
日本肥満学会評議員
神奈川県難病指定医
部長 下条 正子 糖尿病
内分泌疾患
日本内科学会総合内科専門医
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医、評議員
医師 蘇原 慧美 糖尿病 日本内科学会認定内科医
医師 牛田 大心 糖尿病
外来診療担当表
PageTop