後藤英司院長
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
面会制限
看護部
健康管理センター
訪問看護ステーション
個人情報保護方針

内科(消化器科)

診療内容および特色

  • 当院では、ハイビジョン対応の高画質CCDを備えた上部消化管内視鏡および大腸内視鏡、診断および治療ERCP用十二指腸鏡、広帯域周波数ビームを用いた超音波内視鏡設備一式やデジタルファイリングシステムを用いた報告書作成機能を含めた内視鏡情報管理システムを導入しています。
  • 内視鏡は3列並列で施行されており、上部消化管の内視鏡は患者さんが絶食して来院された場合、予約なしでも可能な限り当日施行するよう努めております。なお、下部消化管内視鏡は、前処置が必要なため、一度外来受診をしていただいてから後日施行としております。
  • 内視鏡は最新モデルを十分な本数そろえ、自動洗浄機も4台稼働しており、症例毎に自動洗浄機による洗浄消毒を行っています。十分な感染防御体制で universal precautionの原則を完全実施しておりますので、安心して内視鏡診断・内視鏡治療をご依頼いただけます。胃
  • 最近では地域医療機関よりご紹介いただく症例が増え、胃・十二指腸潰瘍、胃食道静脈瘤などによる消化管出血や総胆管結石、胆道狭窄に対する内視鏡治療、食道・胃・大腸の粘膜内癌に対する内視鏡的粘膜切除術・粘膜下層剥離術も数多く手掛けております。特に、食道・胃・大腸の早期癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術を積極的に行い、診断から治療まで可能な限り1か月前後での施行に努めております。
    内視鏡的治療の適応を超える病変に関しては、外科と協力して治療にあたっております。
  • 胃粘膜下腫瘍による最新治療LECS(腹腔鏡・内視鏡合同手術)も外科と一緒に積極的に行っております。
  • 消化管悪性腫瘍による消化管狭窄に対する緩和的治療としての消化管ステント留置も行っております。
  • 消化管治療ばかりでなく、総胆管結石の砕石、胆膵領域の診断・治療、B型肝炎・C型肝炎に対する薬物治療も積極的に行っております。
 

主な検査・治療

検査・治療名
(外来で可能なもの)
検査・治療名
(入院が必要なもの)
上部・下部消化管内視鏡検査 早期癌(食道・胃・大腸)内視鏡的粘膜下層剥離術
上部・下部消化管造影検査 内視鏡的粘膜切除術・ポリープ切除術
ヘリコバクターピロリ検査・除菌療法 内視鏡的止血術
B型肝炎・C型肝炎に対する薬物療法 食道胃静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法・結紮術
胃瘻交換 内視鏡逆行性膵胆管造影(ERCP)
胆道ドレナージ(内視鏡的・経皮的)
ERBD・EST・総胆管結石砕石など
内視鏡的胃瘻造設術
肝動脈塞栓化学療法(TACE)

主な検査・治療の成績

主な検査・治療名 28年度 27年度
上部消化管内視鏡検査 2,967件 3,093件
下部消化管内視鏡検査 1,108件 1,297件
胆膵内視鏡検査および治療 67件 74件
内視鏡的止血術 34件 38件
大腸ポリープ切除術およびEMR(大腸粘膜切除術) 186件 232件
胃ESD(粘膜下層剥離術)およびEMR 23件 23件
胃食道静脈瘤治療(EIS・EVL) 17件
 

診療スタッフ

職名 氏名 特に専門としている領域 認定医等
消化器内科部長 京 里佳 消化器全般
内視鏡診断と治療
消化管早期悪性腫瘍の内視鏡的治療(ESD)
消化管悪性狭窄に対するステント治療
日本内科学会認定内科医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
難病指定医
緩和ケア研修会(PEACE)修了
JSPEN TNT研修修了
医師 中尾 聡 消化器全般
内視鏡診断と治療
日本内科学会認定内科医
緩和ケア研修会(PEACE)修了
JSPEN TNT研修修了
医師 小串 茉里名 消化器全般
内視鏡診断と治療
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
緩和ケア研修会(PEACE)修了
医師 神野 正智 消化器全般
内視鏡診断と治療
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
緩和ケア研修会(PEACE)修了
医師 濱田 潤 消化器全般
内視鏡診断と治療
 非常勤 藤井 彩子 消化器全般
内視鏡診断と治療
日本内科学会認定内科医
日本消化器内視鏡専門医
日本消化器病学会専門医
外来診療担当表
PageTop